« iProdの妄想 | トップページ | iPhone OS 3.0 のMMSって起動遅くない? »

2009年6月18日 (木)

iPhone OS 3.0 でCalDAVの設定(画像付き解説)

iPhone OS 3.0で私が注目したいのがカレンダーのCalDAV対応。
これでiPhoneとGoogleカレンダーが同期(いや正確には同期ではなくて編集なんだけど)できるじゃぁないですか!

早速その設定をしてみましょう。
まず最初で早速挫折しそうになったんですが、登録は
設定 -> メール/連絡先/カレンダー -> アカウントを追加
から行うんです。
Img_6807a
ここはてっきりメールのアカウント専用だと思っていました。


で、その他を選択
Img_5249a


ここに「CalDAVアカウントを追加」がありました。
Img_0557


で、情報を入力する訳ですが
サーバーは「google」と入力するだけで勝手に入力されるようなので、あとはユーザー名とパスワードを入力してください。
Img_0073a
あとは「次へ」を押せば、間違っていなければ完了できます。

これでiPhoneのカレンダーにGoogleカレンダーが表示されます!
そして予定を追加する時に「イベントを追加」の下の方の「カレンダー」でさっき追加したものを選べばGoogleカレンダーへ書き込める訳です!スバラシイ!

ちなみにお気づきかと思いますが、「CalDAVアカウントを追加」の代わりに「照会するカレンダーを追加」で、色々な公開されているカレンダーを追加できます。
ここはやはり「国民の祝日」ですよね!Appleで公開しているものを登録してみました。
アドレスは

webcal://ical.mac.com/ical/Japanese32Holidays.ics

です。JとHが大文字なので注意。
すると…
Img_6807b
祝日が追加されましたよっ!!スバラシイ!

あぁ、これでようやくカレンダーを活用できそうですよ。ヨカッタヨカッタ。

« iProdの妄想 | トップページ | iPhone OS 3.0 のMMSって起動遅くない? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone OS 3.0 でCalDAVの設定(画像付き解説):

« iProdの妄想 | トップページ | iPhone OS 3.0 のMMSって起動遅くない? »