« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月13日 (日)

渋滞情報 for iPhone、バージョンアップしました。

多くの方にご利用いただいている渋滞情報 for iPhone、細かな使い勝手をバージョンアップしました。

今回はみなさんからいただいた意見、自分で気付いたバグや使い勝手などを考慮してみました。

Img_0779

ver 1.07 2009/12/13

■バグ修正
・なぜか最近(iPhoneOS 3.0から?)表示の最初に画像がない時のハテナマークが一瞬だけ出ていてみっともなかったのですが、これをようやくなおしました。

■機能追加
・もっとも要望の多かったリロードボタン(再読込ボタン)をつけました!
実際には放っておいても自動的にリロードしているんですが、やはり好きな時に出来た方がいいだろうという事でつけました。
これにともないリロードのアニメGIFも変更しました。本当は今までのやつが好きだったのですが、地図上に重ねて表示するために透過GIFにするのですがどうも見た目がガタガタになってしまったので、そうならないやつに差し替えです。

・地図の色分けの凡例を付けました。
まぁ無くても渋滞と混雑くらいは感覚でわかったのですが、たまに知らない色もあったりするのでその時にはこれで確認して下さい。

・設定できるボタンが4つになりました。
再読込ボタン、凡例ボタンの増設に伴い上下にメニューを出すようにしたので、上にMENUから「一覧選択」と「設定」をそれぞれ独立させて配置しました。
下の選択ボタンはMENUがどいた事で4つに増えました。初回は4つ目が空いていると思うので設定を追加してご利用下さい。

・一覧選択の選択位置を記憶するようにしました。
今まで一覧はかならず先頭から表示されていたのですが、これでは下の方を色々選びたい場合に毎回面倒だなと思ったので、前回選択した位置を表示するようにしました。



といった感じです。

初回のコーディングが運良く今回の修正を見据えたかのような作りになっていたので、ほとんど既存部分の修正か流用で済んでしまいました。ありがとうその時の俺!(既に当時の記憶無し…)
んなわけでウェイト的には重たくない修正でしたが、操作性を大きく左右する部分だったかもしれません。これでもう少しは使いやすくなったのではないかと。

簡単だったのならなんでもっと早くやらなかったんだという感じですが…(T_T

実は事の発端はiPhoneOS 3.0になった時に、地図の移動がすごく遅くなったり縮小画像が汚くなったりと致命的な部分が悪化していてかなり困りました。それでコードの修正で改善しないかとか、まったく別の手法に替えて早くならないかとか色々試していたんですが結局どれもダメだったんです。
…とはいえそれをずーっとやっていたのではなく気が向いた時にだけやってたので、やっぱりもっと早くやろうとしていればできたわけですけども!(T_T

ちなみに速度の問題とかはiPhone 3GSとかだと平気なんでしょうかね??


これから年末年始で渋滞情報を確認する機会も増えるでしょうから、この機能向上が間に合ったということで良しとしましょう。

またバグなどありましたらご指摘お願いします。m(_ _)m

SHB9000の音質レビュー

さて3週間使ってみましたよSHB9000。

特別エージングしてないけど、これだけ使えばまぁいいでしょう。

Shb90001_4

まず常に関心するのは「これ無線?」と思ってしまう事。
無線と聞いて連想するような音質の悪化、ノイズの混入、感度の悪さみたいな物は基本的にはありません。まぁこれはSHB9000というよりA2DPの事ですかね。
ただ実際には3週間のうちに何回か音が途切れる事がありました。無線LAN密集地帯に入ったとかですかね。Bluetoothは確か周波数を切り替えながら通信しているはずですが、その一つが無線LANで使えなくなって数秒無音、生きている周波数に替わって再生、使えない周波数に切り替えてまた数秒無音というのが繰り返される感じです。
これはその場所を移動すると解消します。同じ場所で毎日おこるというわけでもないので、そのさじ加減が謎です…。そういえばまだリンクが切れる程までになった事は無いですね。


んで肝心の音質ですが、これは求めるレベルが色々なのでなかなか一定の評価が難しい所。
というわけで、ここはSHB9000の無線とSHB9000の有線接続、BOSEのTriPortの3つを比較してレビューしたいと思います。


音の粗さ:
これはどれも粗くなく良し。まぁこれがざらざらな感じだったら単なる安物でしょう。純正イヤホンより全然いいです。
SHB9000の無線でも粗くないのは中の回路が優秀だという証拠かと。DAのなめらかさ、アンプの特性とホワイトノイズの抑制がちゃんとそろっている感じ。特にホワイトノイズ。SHB9000をかけるとなんかスーっという音がしますが、まだ電源入れてないんです。これつまり貝殻を耳に当てると海の音が聞こえるのと同じ原理?で、ホワイトノイズではないんですね。そこから電源を入れると、ほんのわずかに増える「気がする」程度。ほぼ無いと言えるレベルです。


繊細な音の再現:
これはTriPortとSHB9000の有線がほぼ同程度。無線はかなりはしょられている感じです。つまりスピーカーとしては能力を持っているものの、ST01R かA2DPの所で削られていそうです。
ただし最も人間が意識して聴いている付近の音に関しては有線と同じレベルの再現性です。データ量の分配の妙技だと思いますが、それに加えてスピーカーをケチらなかった事にも感謝です。もしスピーカーの質も下げると最も聴いている部分の音も悪くなってしまいますからね。
これは電車に乗りながらだと外音にかき消されてしまうような繊細な部分の話ですから、ポータブル利用としてはメインの音の維持ができたのだから正解だと言えます。


音の迫力:
実はSHB9000の方が元気がいいです。TriPortも元気いい方だと思っていましたがそれ以上。中域から低音にかけてを強くしているだけだとも言えますが、やせた音とも言われるmp3をメインで聞く時代には合っているかもしれません。ただこれをわざとらしいと感じるか良いと感じるかはかなり人によって分かれそうです。
ちなみにSHB9000の低音ブーストはOFFの状態です。ONにするとさらに強調されます。私にとっては不自然に思えたのでOFFにしてますが、低音が欲しい人にはいいんじゃないでしょうか。コノ手のものとしては良くできている方だと思います。(ただし有線では常にOFFです)


空間の広がり:
これはTriPortの方が全然良い。周囲2~3mにわたって音のある空間が広がっているように感じます。SHB9000はだいたい30cmくらい?
ただTriPortは微オープンエアー、SHB9000は密閉型と構造の違いを考えればあたりまえの事で密閉型が好きな人にとっては逆の感想になるかもしれません。


音の軽さ、重さ:
SHB9000、なかなかしっかりと重さを持った音を出します。これは聞き比べて気づいたのですが、もしかするとスピーカーに隣接して電子回路とバッテリーがあり、これがほどよいウェイトとなって音をしっかり返してくるからかもしれません。
逆に言うとTriPortはプラスチックのカップに音が跳ね返っているんだと意識して聴くとわかります。でもそれも考慮に入れてチューニングされていて、むしろ音の軽快さにつながっているようです。
ヘッドフォンはスピーカーだけではなくその構造や素材も含めて音を作り上げているんだということを実感できる部分ですね。


とまぁだいたいこんな感じです。
まとめるとTriPortとSHB9000の有線ならば両者ほぼ互角、質は同じで個性が異なるものと言えるでしょう。
無線になると繊細な部分を失うものの重要な部分は有線のレベルを維持できていて、無線による利便性が得られる、と。

この「重要な部分は有線のレベル」が「無線なのに音が良い」という評価につながっているようです。

実のところ購入時は音質は期待していなくて「ひどくなければいいや」程度のつもりだったので、ここまで良いとは想定外でした。
ただ音は人の好みによるので、人によって評価は変わる事はご了承くださいませ…。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »