« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年2月 4日 (木)

HTML5

iPadのFLASH非対応騒動で話題に上がっているHTML5。

ぢつはここの「渋滞情報 for iPhone」もHTML5だったりします。
ただしタッチ操作を前提としているのでiPhone OSのSafariでしか見れないようになっていますが…。

確かにCanvasで図を描けるのはかなりありがたいです。
あとデータベースが使える事で、よりアプリっぽいものにできますしね。
ホント全てのブラウザで対応してほしいものです。
とはいえ現状を考えるとiPadにはFLASHにも対応してほしいですねー。iPhone OS 4.0で是非!

Img_0779

2010年2月 1日 (月)

iTunesで電子ブックが売られると、iPad以上にiPhoneとiPod touchにインパクト大!?

どうも世の中ではiPad=電子ブックリーダー、という扱いをしたいみたいですよね。
まぁタイミング的に、見た目としてもそう思うのは自然と言えばそうですが…

でもちょっとイメージて見ると、多くの人が本を読む電車の中でiPadを使って読むと思います?
薄くて軽いとはいえ、そこまで持ち運びに適してる物でもないですよね。あと確実に周りから浮く(^_^;

せめて文庫本サイズくらいじゃないととても電車では使えません。
って、まさにiPhoneやiPod touchが文庫本サイズだと思いません??
しかもiTunesで電子ブックを売るんだったら、確実に対応しているはずです。

つまり、よく言われる
キンドル vs iPad
は、日本の電車の中で言えば
キンドル vs iPad + iPhone + iPod touch
なわけです。
なんかもう既にApple圧勝…。
そういえばauでなんか電子ブックが読めるらしいですが…戦う前から絶滅種かと。


しかも今までのiTunesの管理からすれば、買った電子ブックは自分の持っている複数の機器に転送できると思われるので、「このマンガiPhoneの画面サイズだと読みにくいなぁ」なんてものでもiPadで読めば良いみたいな事になるはずです。
あと電子ブックのもう一つの不安、買った物の数年後にはサポートが無く読めなくなるみたいな事も、ここまで大きくなったiTunesとその機器は今後も続いて行く事でしょう。
万が一Appleが倒産しても、iTunesと機器の資産はどこかが買って行くのは当然でしょう。
auの電子ブック、いつまで読めるでしょうねぇ…


ただし残念ながら、日本の市場はそうとう遅れて開始されるだろう事が今までの歴史から想像できます。
なんでそんなに売りたくないのか理解に苦しみますね。
パソコンを理解できない長老世代が「iTunesで売るとコピーされまくる」と未だに思っている気がしてなりません。

まぁ、そんな所の業界の大掃除がこれから始まる訳ですけどね…
そんな出版社にいる、本当は理解のある若者が長老の判断ミスにより巻き添えくらうのだけは同情します。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »