« 2010年5月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年6月26日 (土)

SHB7110を買ってみました。

フィリップスのSHB9000を大変快適に使ってきましたが、最近暖かくなってきたので汗ばむ感じ。
んな訳で買ってしまいましたSHB7110。
SHB9000が非常に優秀だったので、その実績を買って同じフィリップスのSHB7110、というわけです。
Bluetoothは値段が高い割に失敗する事が多いという、なかなかリスキーな買い物だと思っているので、一度良いと思えると同じ所のを選びたくなるのが心情です。
Shb7110_01
さて、結論から言うと…ぎりぎりセーフ?

長くなったので目次です。
■1.音質
■2.形状
■3.使い勝手
■4.相性
■5.電池


■1.音質
一番の心配事は音質でしたが、これは実は付属のイヤーキャップ?ではあまりよくありません。(T_T
いやこの耳の中に入れるタイプとしてはこのくらいなのかもしれません。
我慢できなくもないからこのまま使うかなーと思っていたら面白い情報を見つけました。エティーモーティックのER-4Sに付属しているスポンジタイプが使えるらしい。
Shb7110_05
運良く持っているので早速試してみると…確かにハマる。んで耳に入れてみると…おぉ!格段に良い音。もちろんER-4Sには到底かないませんが、もしER-4Sの5000円のモデルがあったらこんな音かも?くらいの勢いです。音の傾向は似ています。
ただしそのままではちょっと長過ぎたのでスポンジをカット、中のチューブはさらに奥でカットしてちょうどよくなりました。
Shb7110_07
とまぁ、ER-4Sのスポンジタイプのを持っているかいないかで大きく変わりますがとりあえず合格点になりました。ただ私は慣れていますが、低音とかの主張が全くないので低音が音質の基準の人には全く不向きかと思います。
またリアルサウンドモード?とかいう、ようは低音ブーストのエフェクトをONできるのですが、なんか場合によっては音割れする気がします??詳細は確認していないし音割れしない時でも好みの音ではなかったのでOFFにしてます。SHB9000では全くそんな事なく、いい感じに低音が出るんですけどね。(とはいいつつOFFにしてますが…)


■2.形状
やっぱり左右のスピーカーとコードだけってのはいいですね。受信ユニットにいつものヘッドフォンを差してつかうんじゃほとんど無線区間無いですから、徹底的に線は無い方が良いです。
ただし収納は案外悪いです。専用ケースが付いてきますが眼鏡ケースを半分にした大きさでかさばります。圧力でパキッと行ってしまいそうな所がいくつかあるので裸でバックに入れるといずれ破壊しそうです。首から下げていられるならいいんですが、ちょっとしまいたい場合はケース必須ですね。
Shb7110_11
普通のヘッドフォンはほぼ無いに等しいくらい小さくまとまるわけで、この点では負けてます。
ちなみに本体はものすごく軽いです。中身が空なんじゃないかと思うほど。


■3.使い勝手
タッチで再生・一時停止、停止とスライドで音量大小、早送り・巻き戻しができるというのがものすごく未来チックなカンジですが、実際の所はちょっと微妙です。
普通に正常に動作している時にはまさに未来チックでスバラシイんですが、耳から外した時にOFF、また耳に付けたらONになる機能がたまに誤作動するんですよね。
もう耳に付けてる状態なのにOFFになってて操作を一切受け付けない…。しょうがないので一度外してもう一回付けてみる。上手くいかない時はこれを何度か、もしくは電源を一度入れ直したりとか。ちょっとイラッときますね。


■4.相性
Bluetoothなんだから相性なんて無いだろと思っていましたが…iPod classicで使っているシグマのSBT01Rとすんごく悪いです。まずよく無音になる。タブン他のBluetoothや無線LAN、3G携帯の電波などの影響をモロに受けてすぐ音が出なくなります。いや電波を目で見れないので本当のトコロはわかりませんが、駅とか住宅密集地とかで起きるので。しかも1日に3回くらい。そうなるとほとんど復帰しないので一旦電源をOFFして接続をやり直さないといけません。かなり面倒。
その上、なんかSBT01Rの電源を先に切る時にタイミングが悪いとSHB7110が無反応になります…ハングアップ??充電端子にコネクタを繋げるまで回復しません。つまり帰るまでもう聴けません(T_T
実はこれらはiPhoneのBluetoothだと全くおきません。音も切れないしましてやハングアップもしない。なんかSBT01Rが悪いような気もしますがSHB9000では全くそんな事はないので、まぁそういう事をおおざっぱに言って「相性がよくない」と。
結局iPhoneで使う事にしました。64GBないと持ってる全ての曲を持ち運ぶ事が出来ないんですが、あきらめて聴きたい物を選んでいます。


■5.電池
あんまり持ちません。スペックでは7時間。私の実使用で2日に1回充電が必要です。SHB9000はスペックで17時間、実使用で週に1,2回充電すれば良かったのでだいたい計算通りではありますが結構面倒です。
いただけないのがUSBコネクタがマイクロB。やめてくれー。もう家の充電はDockコネクタとミニBに統一したかったのに!まぁ最初から調べとけよ、といったカンジですが。


ちょっと苦言も多いですが満足しています。耳の中に入れるタイプでコードがここまで最小限になっているのは今後もそう出てきそうには無いですしね。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年11月 »